初心者でも簡単♪足やせマッサージの方法

自宅でできる簡単足やせストレッチ

簡単で即効性の高い脚やせの方法は?

足やせを実現するのは大変ですが、生活習慣のちょっとした改善で細くなるといいます。

 

大根足になったのは何故なのかを考えれば、よくわかります。

 

むくみがあらわれていたり、筋肉が過度についている、身体全体に発生したゆがみが、足がほっそりしない原因と言えるでしょう。

 

昔は引き締まっていた足が今の太さになった要因を一度考えてみましょう。

 

原因がむくみにあるようなら、むくんでしまうと思われる日々の行動や不適当であった食生活を改善していきましょう。

 

足のむくみは、冷えが体に生じるせいで起きる可能性が高いとされています。

 

食事で摂る塩分はできるだけ少なくして、体内から効果的に温まるような食事に変えていくことが大事です。

 

身体を温めるには根野菜、温野菜などが有効ですし、適度な量の水分を摂ることを心がけましょう。

 

ほぼ同じ姿勢で一日を過ごす人や、立ちっぱなしで過ごす人は、むくみ改善効果が高いストレッチを合間に行うのがおすすめです。

 

むくんでいるのを解消しながらゆがみ解消に効果的なストレッチを行うと、足やせ効果が高まります。

 

筋肉に脂肪が過度に付いてしまったことで足の細さが失われた人は、急に運動をしなくなった人に見られる症状です。

 

せっかく筋肉が新陳代謝を促していたのに、運動量がゼロになったために脂肪燃焼が進まなくなり、脂肪が落ちきれずに残って筋肉の硬さが増してしまいます。

 

そのような状況では、こり固まった筋肉を揉んでほぐしていきましょう。

 

筋肉の揉みほぐしを取り入れると、リンパ液がきちんと体内をめぐるようになります。

 

筋肉の硬化を解消するには、軽いストレッチが効果的です。

 

ウォーミングアップがてら身体をしっかり伸ばしたら、リンパ節をしっかりとマッサージします。

 

足やせを実感するには、勝手に順番を変えたりせずに行いましょう。


足やせマッサージの仕方

マッサージを取り入れることは、足やせに大きな成果をもたらします。

 

プロに携わってもらうべきことではありません。

 

マイペースで行うことができます。

 

エステなどでも、足やせ実現と称した揉み出しとマッサージを行っていますが、自分ですればお金が必要ありません。

 

足やせを実感できるマッサージとしては、2つのタイプが挙げられます。

 

筋肉に働きかけるものと、リンパ節に作用するものです。

 

筋肉に作用するということは、新陳代謝の働きが進むようになり、活発に脂肪燃焼が行われて足やせへとつながります。

 

リンパ節を押して、リンパ管の中で流れが正常化し、老廃物や脂肪が体外に流れ出るようにします。

 

マッサージは、ずっと続けていくことによって効果が出てきます。

 

足やせ実現のマッサージをする習慣をつけましょう。

 

もっとも効果が見込めるのは、温かい状態の身体で実行することです。

 

つまり、バスタイムに行うか、お風呂上がりのマッサージに効き目があるということです。

 

お風呂は毎日の習慣ですし、身体を洗い流しながらマッサージをほどこすことができます。

 

バスタイムの後には肌の調子を整えるクリームをつけながら一緒にマッサージも行えます。

 

足やせにつながるリンパ節はひざ裏と足の付け根に位置しているので、指の腹や手のひらを使ってさするようにします。

 

足首を起点にしてひざ裏のリンパ節までを、力を抜いてマッサージすることを心がけましょう。

 

太腿へのマッサージも、両手でひざをくるむようにして、それをキープしながら足の付け根まで押しながら上げていってください。

 

痛みをおぼえるほどの強さでは、逆効果ですので注意しましょう。

関連リンク

引用:お嬢様酵素ダイエット痩せる?効果を口コミ体験中!【私の方法ブログ】

簡単で即効性の高い脚やせの方法は?

脚やせダイエットに必須なのは、息の上がる程度の運動と筋トレです。

遅筋は有酸素運動で主に使われますが、筋トレで使うのは速筋が鍛えられます。

遅筋は筋が大きくなりにくく、マッチョみたいになりにくい筋肉です。

遅筋と速筋を同じように鍛えると、素敵なスタイルに近づけます。

自分の生命をいじするための最低限のエネルギーを測ることは必須ですよね。

なぜなら、自分の基礎代謝量がわかっていない状態で、自分がどのくらいカロリーをとるべきなのか理解することはできないのが理由です。

若かった時のようなダイエットに無茶をするのが体力的にやばくなった分、日常生活から静かに数値を考えていきたいと思うこの頃です。

勤め先の上司・同僚・後輩との関係の精神的な負担で、ここ数か月、私は一体どうしたのでしょう、というくらいに、食べてしまっています。

二の腕やウエストはもちろん、顔の頬や顎にも脂肪がついて太くなってぷよぷよで、どうにかして痩せたいと考えているのですが、どうしても、あまり体を動かす時間がありません。

こんな時こそ、簡単に体重が減って良いスタイルを、手に入れる薬があればいいのになと思います。

簡単な方法で、痩せる薬があるのなら、万札の1枚や2枚、出す覚悟はありますね。

それくらいせっぱつまった思いです。

炭水化物を減らすやり方で脚やせダイエットに取り掛かったことがあります。

しっかり噛むことで、十分に満足しようとしたけれど厳しかったです。

日本の人間なので、たまには、がっつりと真っ白なごはんをいただきたくなります。

ですから、今は、夜のみ炭水化物のものを食べることを控えるけれど、朝食と昼食はごく普通に摂ることにしています。

もはや20年くらい前になりますが、その時、流行った外国製の減量効果があるらしいサプリを経験してみたことがありました。

飲んで少しの間すると、胸がドキドキしたり、呼吸が荒くなってきました。

ききめがあると思えばいいのか、体に合わないのか判断できず恐れを感じ、一瓶で飲むのをやめました。

全然、痩せずに終わったお話でした。

出産を経験し、増加した体重とたるんだおなかを元にもどすために、ダイエットとプラスして生まれてこのかたしたことがなかった筋トレをしました。

完全母乳で育児をしていたので、あまり脚やせダイエットはすることが難しかったのですが、筋トレはとても熱心にしました。

おかげさまで、6カ月ぐらいで、だいたい元の体型になることができました。

脚やせダイエットの成功には有酸素運動が無くてはなりません。

酸素を消費する方法の運動により体内の残存している脂肪が燃えさかるので、脚やせダイエットする事ができます。

よく高負荷の筋トレを試している人もいますが、トレーニングがハードで途中で投げ出す場合も少なくないでしょう。

体重を落とすのに効果的な運動といえば、ウォーキングです。

ダイエットを貫徹させるためには、とにかくカロリーを使うことが大切なので消費カロリーが高いジョキングやエアロビクスやサイクリングのような運動がおすすめです。

又、体を引き締めてメリハリのあるボディラインを形作るためには筋トレもおすすめします。

ダイエットの為に朝食を抜くのは体に悪いので、きちんと食べる方が効果的です。

カロリーを考慮する場合は主食で取る炭水化物をグリーンスムージーやヨーグルトに置き換えるといいです。

他にも、茹でた野菜や温かいスープも代謝が上がりますし、肌も綺麗に保てます。

バナナを朝食にしてもいいので、朝食は必ず食べて健康に痩せましょう。

ダイエット期間のつまみ食いは絶対にNGです。

おやつで食べるものが、もしもスナック菓子のようなものではなくても、食べたなら太るという現実を心に留めておいてください。

過度の我慢も良くないけれど、朝、昼、夜の三回の食事を忘れずに、あとは食欲をコントロールできるように体質改善をはかりたいものです細くなろうと思っても毎回ジョギングしたり散歩したりするのははっきり言って面倒な気持ちが発生しませんか。

そこで推薦したいのが室内でのゆっくりと継続する運動です。

ラジオ体操も素晴らしい有酸素運動なので、楽な服装でオーバーアクションで体操をすると、しっかりカロリーも消費されます。

若い頃は基礎代謝がすごくしっかりしているので、食べ過ぎてしまって体重に影響があってもしばらくしたら元に戻るという事が多くあるものです。

ですが、年齢を重ねるにつれて基礎代謝が衰えてしまい、エネルギーの消費量も落ちるので、何もしない状態だと太ってしまいます。

呼吸に集中してお腹からするだけでも、人は痩せるそうです。

脂肪を燃焼させるストレッチとしては深い呼吸をしながら、肩甲骨を動かすのが良いのだと伺いました。

肩こりにも効くのですが、両腕を上の方へまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は上を向けた状態で、肘を曲げて体の後ろに沈めていきます。

この時に息を吐いて肩甲骨を縮めるイメージです。

これを食べれば必ず脚やせダイエットできるという食べ物は存在しません。

ただし、カロリーが低いものとか、食物繊維を豊富に含んでいて、お通じをスムーズにしてくれるものは痩身効果がありますよね。

野菜やきのこ類、海藻類を多く摂取すると、ダイエット効果があると言われています。

加えて、できる限り、太りやすい食べ物を控える必要があります。

ダイエットして健康を損なわずに痩せたい場合には、ウォーキングで体を動かすのが有効です。

これはスイミング、歩いたり走ったりといった運動をさしています。

さらに、栄養面を配慮すべき点はプロテインといったような。

つまり、質の良いタンパク質を補給することです。

脂肪分を分解させるためにはタンパク質はとにかく必至なのです。



ホーム RSS購読 サイトマップ